筋トレで男の源であるテストステロンが増えるって本当?女子にモテるにはテストステロンが重要!

テストステロンとは、男性の源とも言われている男性ホルモンで、このテストステロンの分泌量によって筋力アップや脂肪燃焼効果に大きく影響してきます。

また、テストステロンの分泌量によって、精力にも大きく関わってきますので、「モテ男」になる為にはしっかりと筋トレをしてテストステロンの分泌量を増やしましょう。

テストステロンは、成長ホルモンと同じような働きがあるので、分泌量が多ければ多いほど筋トレの効果が出やすく、筋肉の成長に大きく貢献してくれるのです。

また、「テストステロンの分泌量の低下は、精力減退にも繋がります」ので、何としてでもテストステロンの分泌量を増やすように筋トレに励むようにしてください。

その他にも、脂肪を減らす働きもあるので、細マッチョを目指す男性にとってテストステロンは多ければ多い方が良いと言う事なのです。

今回は、そんな男性にとって重要なテストステロンについて解説していきたいと思いますので、「女子にモテたい!」と言う男性諸君は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

テストステロンの役割とは

テストステロンは男性ホルモンの一種で、男性ホルモンの中でも「約95%」を占めていると言われているほど重要なホルモンになるのです。

このテストステロンは男性の一生の中で3回も大きな影響を与えて役割を果たしてくれるのです。

まず1回目は、胎児の時にみんな女の子の状態なのですが、テストステロンが働きかける事で生殖器が発達して男の子になります。

そして、2回目は生後2週間から6ヶ月の間でテストステロンのレベルが高まり脳の性差や発達に大きな影響を与えます。

最後の3回目は思春期の時で、テストステロンが大量に分泌することで、体への大きな変化がみられるのです。

声変わりにはじまり、体格がガッチリとなり、ヒゲが生えてきたリ、陰毛も生えてきますね。

このような、男性らしい体になる為にテストステロンは必要不可欠な男性ホルモンになるのです。

ちなみに同じ男性でも人によっては、テストステロンの分泌量が少ない人や多い人とで分かれます。

  • 冒険心が強い
  • 達成感を味わいたい
  • 経験値を多く積みたい
  • 人の心を掴むのが上手い
  • リーダーシップを張れる人
  • 自分の縄張りを持っている
  • 空間把握能力に長けている
  • 辛いものが大好き
  • 納得できれば自分を犠牲にしてでも社会貢献をする

テストステロンが多めの男性は上記のような特徴があります。

テストステロンを増やすには筋トレが最適!

テストステロンを効率よく増やす方法は筋トレが最適です。

なぜなら、「テストステロンは筋肉を増強させる働きがあるので、筋トレをして筋肉に負荷をかけると筋肉を成長させようとしてテストステロンの分泌が促進されるから」です。

ただし、筋トレの方法によってはテストステロンの分泌を増やす事もあるのですが、減らしてしまう場合もあるので注意が必要なのです。

ではどのような筋トレを行った場合テストステロンを減らしてしまうのでしょうか?

それは、

「休憩時間を合わせて1時間以上の筋トレを行った場合テストステロンは減少してしまう」

です。

なぜ、1時間以上の筋トレを行うとテストステロンが減少してしまうのかと言いますと、1時間を超えるトレーニングを行うと、「コルチゾール」と言うホルモンが分泌され始めます。

このコルチゾールは、ストレスを和らげる効果のあるホルモンになります。

そして、コルチゾールの材料はコレステロールになるのですが、実はテストステロンの材料も同じくコレステロールになるのです。

1時間を超えるトレーニングでストレスを感じ始めた身体が、ストレスを和らげる為にコルチゾールを生成しだします。

すると、コレステロールがコルチゾールに奪われてしまうので、テストステロンを生成する為のコレステロールがなくなってしまうのです・・・

そして、テストステロンを生成する為の材料を失ってしまった精巣は質や濃度が低下してしまい、劣化したテストステロンを生成してしまう事になるのです。

そうならない為にも、質の高い筋トレを1時間以内で効率よく終わらせて、テストステロンの分泌を促進させてあげないといけないのです。

ダラダラと時間をかけて筋トレをしていても、ストレスの原因となり質の高いテストステロンは分泌されませんのでご注意ください。

また、ジムに通う時間がないと言う場合や、ジムに通う余裕がないと言う場合は自宅トレでも十分筋トレ効果はありますので、まずははじめて見てはいかがでしょうか?

>>自宅トレでシックスパックを作る方法を大公開!腹筋を6つに割ってモテ男になれ!

テストステロンの分泌を促進させる筋トレ方法

質の高いテストステロンの分泌を促進させる筋トレ方法は、

「1時間以内で質の高い筋トレを行うこと」

です。

と言われましても・・・

となると思います。

質の高い筋トレと言うのは、

「種目に限らず約80%の力で10レップ5セット出来るぐらいの負荷をかけた筋トレ」

になります。

簡単に言いますと、10キロのダンベルを10回行うのに、最後の1回を余裕で上げれる程度の負荷だとそれは質の低い筋トレと言う事になります。

10キロのダンベルを10回行うのに最後の1回を上げれるか、上げれないか、でも気合で上げるんだ!

と言うぐらいの負荷をかけての筋トレを質の高いトレーニングになります。

要するに、軽い負荷で100回するよりも、重い負荷をかけて10回ギリギリ出来るぐらいの筋トレが質の高い筋トレと言う事です。

そして、10回1セットで行うのであれば、それを3~5セット行って、セット間の休憩は1分ほどにしておきましょう。

長時間の休憩は筋トレの意味がなくなりますので、1分以内で行うのがベストになります。

また、ジムなどに通わずに自宅で筋トレを行うと言う場合でも、わざわざ器具を購入しなくても初めは自重を活かした腕立てや腹筋、スクワットのような自重トレだけでも大丈夫です。

ゆっくりと呼吸を整えて腕立て伏せを10回するだけで、腕や胸筋がプルプルしだすでしょう。

自重トレのコツはハイペースではなくローペースで行うと言う事と、しっかりとその部分の筋肉に負荷がかかっているという意識を持つ事です。

テストステロンの分泌を促進させるには高負荷の筋トレを短時間で行うのがおすすめです。

テストステロンを増やすにはどの部分の筋肉を増やせばよいの?

テストステロンを増やすにはどの部分の筋肉を増やせばよいのか、

についてですが、テストステロンの製造元は「精巣」になります。

ですので、下半身の筋肉を鍛える事で、効率よくテストステロンが分泌されると言われているのです。

ですから、自宅で自重トレーニングを行うのであれば、「スクワット」「ランジ」を取り入れてみると良いでしょう。

また、ダンベルを持っているのであれば、「ダンベルデッドリフト」なんかもおすすめです。

それから、ジムに通っていると言う人はスクワット等に加えて「デッドリフト」を行うと良いでしょう。

ただし、テストステロンの分泌量を増やしたいからと言って、下半身ばかりトレーニングするとおかしな体型になってしまうのでご注意ください。

あくまでも、筋トレはバランスよく行うようにしましょう。

筋トレの後は活性酸素対策も重要になります

激しい運動や高負荷の筋トレを行うと、「活性酸素」体内で発生します。

この活性酸素はさまざまな病気を引き起こす原因でもあり、テストステロンを生成している精巣に悪影響なのです。

精巣は非常に活性酸素に弱く、ダメージを受けてしまうと質の良いテストステロンが分泌されなくなってしまいます。

そして、精子の質も落ちてしまう事になるのです・・・

ですので、活性酸素対策は必ずするようにしてください。

せっかく筋トレを頑張って、質の高いテストステロンの分泌を促進させてあげても、活性酸素が邪魔をすると本末転倒ですね!

活性酸素対策には抗酸化物質が効果的です。

抗酸化物質と言えば、筋肉痛の軽減効果もあるので、筋トレの後に抗酸化物質を摂取することで、筋肉痛も和らぎますし、活性酸素の発生も抑制してくれるのです。

活性酸素はテストステロンにも悪影響ですし、その他の病気の原因にもなりますので、健康的なモテ男になる為にも必ず対策するようにしましょう。

活性酸素対策は以下の記事でまとめていますので参考にしてみてください。

>>筋トレ後の筋肉痛を軽減させてくれる筋肉ケアの為に摂取したい栄養素とは?

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!

吉本のゴールドジム筋肉芸人愛用の筋トレサプリ

muscle-elements-hmb300
あの吉本の「ゴールドジム筋肉芸人」たちが愛用している筋トレサプリはコレ!マッスルエレメンツHMBをプロテインと併用して飲んでいることをSNSで暴露したことをきっかけに人気大爆発!筋トレの効果を実感していない人におすすめのサプリメントになります。