ぽっこり出たお腹を凹ませるための対処法はコレだ!体脂肪を落としてスッキリ健康体を手に入れろ!

女性に限らず男性でもぽっこりと出たお腹に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

特に中年になってくると、ぽっこりとお腹が出てくる傾向にありますが、最近は20代や30代の方でもぽっこりと出たお腹に悩みを抱えている人も少なくはありません・・・

最近は特にぽっこりお腹に悩んでいるのは女性よりも男性の方で、見た目も非常に悪く不健康なので早めに対処しておいた方が良いでしょう。

今回はぽっこりと出たお腹を凹ませるための対処法やその原因について解説していきますので、ぽっこりお腹にお悩みの方は最後までお付き合いください。

>>飲むだけでぽっこりお腹を解消してくれる機能性表示食品のシボヘールの口コミはこちら

スポンサーリンク

ぽっこりお腹の原因について

最近多くの中年男性の方が悩んでいるのが「ぽっこりお腹」です。

パッと見た感じ痩せているように見えても、お腹だけがぽっこりと出ている人を良く見かけるようになりましたね。

このぽっこりお腹が悩みでダイエットをはじめている人も多いようですが、なぜかぽっこりと出たお腹はそう簡単には凹みません・・・

このぽっこりお腹の原因はもちろん「脂肪」が関係しているのですが、実は脂肪だけが原因ではないのです。

ぽっこりお腹の原因は、「皮下脂肪・内臓脂肪・筋肉の減少・骨の歪み」等が考えられます。

これら4つの原因が重なり合ってぽっこりと出たお腹ができあがっているのです。

皮下脂肪は頑固で落としにくい・・・

皮膚の下についているのが「皮下脂肪」になります。

この皮下脂肪は皮膚のすぐ下につくので、皮下脂肪がついてしまうとはっきりと見た目に出てしまうのです。

皮下脂肪がたくさんついてくるとぽっこりとお腹がでますので、何を着ても見た目がとても悪くなってしまいます・・・

触った感覚はプ二プ二していてとても柔らかいものもあれば硬いものもあります。

しかし、皮下脂肪は実はそれほど健康被害を及ぼすものではなくそこまで深刻に考えなくても良いものなのです。

だからこそ、少々皮下脂肪がついても多くの方は慌てる事なく平然と過ごす事ができるのです。

ですが、大量の皮下脂肪がお腹まわりを覆ってしまうと、体重が大幅に増えてしまうのでひざが自分の体重を支える事が難しくなり、ひざへの負担が大きくなり痛めてしまったりしてしまうのです。

この皮下脂肪がつく原因は、言うまでもなく「カロリーオーバー」になります。

暴飲暴食をする事で、カロリーオーバーとなり皮下脂肪がついてしまうのです・・・

皮下脂肪はゆっくりと皮膚の下についていって蓄積されていくものなので、最も落としにくい脂肪でもあります。

ですが、皮下脂肪は男性よりも女性の方が付きやすい傾向にあるのです。

女性にとって皮下脂肪は大敵ですね!

そんな皮下脂肪がつかないようにするには、しっかりとカロリー計算をして食事管理をする事がポイントとなります。

バランスの良い食生活と運動を習慣づける事でスタイルを崩してしまう皮下脂肪から逃れる事が可能となります。

皮下脂肪を付けない為に特におすすめの運動方法は「筋トレ等の無酸素運動」「ジョギング等の有酸素運動」になります。

筋トレなどの無酸素運動をした後にクールダウンとして有酸素運動のジョギングなどをすると、脂肪燃焼率が大幅にアップするので皮下脂肪を落とすのには最適です。

また、男性の方でバキバキに割れた腹筋を手に入れたいのであれば、まずは皮下脂肪を落とす事を意識しましょう。

どれだけ筋トレで腹筋を鍛えたところで皮下脂肪がたくさんついていれば、残念ながら腹筋が割れて見える事は無いのです・・・

内臓脂肪はつきやすいが落としやすい

内臓脂肪は皮下脂肪と比較すると、「付きやすく落としやすい」と言う傾向があります。

内臓脂肪は内臓周りにつく脂肪なのですが、脂肪の中でも特にたちの悪い脂肪になります。

なぜなら、内臓脂肪は「生活習慣病の原因」となるからです。

悪性の細胞を攻撃してくれる働きもあるのですが、同時に体に必要な「インスリン」と言う物質まで減少させてしまうので「糖尿病」を引き起こしてしまう可能性が高いのです。

その他にも血管内に血栓を作ってしまったり、血管を硬くしてしまう作用があるので「脳梗塞・動脈硬化」等の病気を引き起こす原因にもなります。

内臓脂肪がつく原因は、「脂質の多い食事」「アルコール」等の贅沢な食事ばかりを取るからです。

また、「内臓脂肪は女性よりも男性につきやすい」傾向にあります。

内臓脂肪がつかないようにするには、バランスの良い食事と適度な運動が必要不可欠になります。

「お腹のお肉が掴めない・・・でもお腹がぽっこりと出ている・・・」

このような人は特に注意が必要になります。

それから、見た目はスリムでスタイルが良い人でも、実は内臓脂肪がたくさんついてしまっている人も多く、巷では「隠れ肥満」と言われている人も要注意です。

一見スリムに見えても内臓脂肪がたくさんついている場合は、生活習慣病の危険性が非常に高いので十分注意するようにしましょう。

筋肉の減少に要注意!インナーマッスルを鍛えよう

人間の体は肋骨の下から骨盤までの間は背骨しかありませんよね。

理科室に置いてあった人体の骨標本を思い出してみてください。

このお腹部分にあたる空間のことを「腹腔」と言って、この部分に腸や胃、肝臓、腎臓、膵臓等の内臓が集結しているのです。

この内臓部分の重量は人によって異なりますが、「1~2.5kg」と言われています。

この内臓を支えているのが体壁やインナーマッスルと言われている筋肉になります。

インナーマッスルとは以下の筋肉になります。

  • 腹横筋
  • 多裂筋
  • 横隔膜
  • 骨盤底筋群

これら4つのことをインナーマッスルと言います。

インナーマッスルは、「深層筋」と言われており、見た目にわかる表層筋とは異なります。

いわゆる体内の筋肉のことを言います。

インナーマッスルは非常に重要な筋肉で、内臓を支えたり、体のバランスを安定させる働きを担っているのです。

このインナーマッスルが衰えてくると、内臓を支える事ができなくなり、内臓が垂れ下がってきてお腹全体がたるんで風船のように膨らんだように見えるのです。

最近よく聞く「体幹」と言う言葉がありますが、これは手足以外の胴体の部分の体の芯である骨や筋肉で、深層筋と表層筋の両方を含めて体幹筋と言われています。

ここで勘違いしないでほしいのは「体幹=インナーマッスル」ではないと言うことです。

また、ぽっこりお腹を改善するためにインナーマッスルだけを鍛えようとするのはやめておいた方が良いでしょう。

深層筋も表層筋もバランスよく全身の筋肉を鍛えた方がぽっこりお腹は改善されやすくなります。

骨のゆがみもぽっこりお腹の原因

内臓を支えているのは上記でいいましたインナーマッスルですが、実は骨も体や内臓を支えたりするのに大きく関係しています。

人間の体は多少なりとも誰もが歪んでいます。

特にぽっこりしたお腹の場合は骨盤のゆがみや猫背と言われております。

骨盤と背骨は身体全体と内臓を支えています。

骨盤が歪んでいたり、猫背が原因で背骨が歪んでいると姿勢が悪くなり、内臓が下がってしまいぽっこりとお腹が出てしまいます。

姿勢が悪いとさまざまな病気の原因になるってしていますか?

姿勢が良いと見た目も良くなりますし、内臓の位置も正常なままで内臓機能にも影響が出ないので健康にも良いですし、ダイエットなどの効果も現れやすいのです。

普段から姿勢を意識する事で健康にも良く太りにくい体ができあがります。

太ってから無理なダイエットをして不健康な痩せ方をするよりも、日ごろから美しい姿勢を意識して太りにくい体づくりをするようにしましょう。

美しい姿勢を保つ秘訣は、やはり「筋肉」になります。

姿勢を良くするときに支えてくれる筋肉がないと美しい姿勢を保つ事ができませんのでしっかりと筋肉を鍛えるようにしましょう。

お腹周りをスッキリさせる

上記で解説した通り、お腹周りがぽっこりと出てだらしがないのは、「筋力不足」「体脂肪」が原因になります。

脂肪を減らして筋肉を増やす事で、だらしのないお腹周りはスッキリします。

脂肪を減らして筋肉をつけるには、「食事管理」「筋トレ」をしっかりとする事です。

特に食事管理は重要で、しっかりとバランスのとれた食事でなおかつカロリーオーバーしないように注意が必要になります。

また、偏った食生活だと体力不足になったりして筋トレや運動にも悪影響なので、できるだけバランスの取れた食事を摂るようにしましょう。

カロリーオーバーに注意しながら、脂肪分の摂取を減らし、栄養バランスをしっかりと考えて食事をするようにしてください。

あとは規則正しい生活を送る事です。

それと、忘れてはいけないのが「運動」です。

無酸素運動の筋トレと、有酸素運動のジョギングなどを組み合わせる事で筋力もアップしますし、体脂肪の減少にもつながりますので、しっかりと運動するようにしましょう。

無酸素運動と有酸素運動について

有酸素運動と言う言葉はよく聞くと思いますが、無酸素運動と言う言葉はあまり聞きなれないと思いますのでそれぞれについて解説していきます。

有酸素運動とは

有酸素運動とは、長時間運動を行うジョギングや水泳などのことを言います。

有酸素運動は体内へ酸素を取り込むことで脂肪をエネルギーとして燃焼させる働きがあるので、脂肪燃焼効果が高くダイエットメニューとしても最適の方法です。

有酸素運動を行う事で体力も付きますし、脂肪燃焼効果が非常に高いのでスリムな体型を手に入れる事ができます。

無酸素運動とは

無酸素運動とは短時間で瞬発的に行う運動のことで、筋トレや短距離走がそれにあたります。

酸素を使う暇がないぐらい瞬発的な運動と言う意味で、無為酸素運動と言われております。

無酸素運動は酸素をほとんど体内へ取り込まないので、有酸素運動のように脂肪燃焼効果に期待はできませんが、筋肉を鍛える事ができます。

しかも、無酸素運動の筋トレを行う事で筋肉を育てるための「成長ホルモン」が分泌され、この成長ホルモンが脂肪の分解を促進させて脂肪を燃焼させやすくする効果があるのです。

つまり、筋トレを行った後でクールダウンの意味合いで有酸素運動である軽いジョギングをする事で、筋肉も付いて脂肪も落とせると言うダブルの効果を得る事ができるのです。

ぽっこり出たお腹を凹ませる為の対処法としましては、食事管理をしっかりすると言う事と、筋トレやジョギングなどの運動をしっかりとすると言う事です。この2つを習慣化する事で、ダイエット食品などに頼らなくてもしっかりと痩せる事ができますし、生活習慣病などの恐怖からも逃れる事ができます。すぐにぽっこりお腹が治りますよ!とは言いませんが、毎日意識して生活するだけで見違えるような体型に変化する事は間違いないでしょう。

>>着るだけで痩せるシャツ「スレンダーマッチョプラス」の詳細はこちら

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!

吉本のゴールドジム筋肉芸人愛用の筋トレサプリ

muscle-elements-hmb300
あの吉本の「ゴールドジム筋肉芸人」たちが愛用している筋トレサプリはコレ!マッスルエレメンツHMBをプロテインと併用して飲んでいることをSNSで暴露したことをきっかけに人気大爆発!筋トレの効果を実感していない人におすすめのサプリメントになります。