初心者が筋トレで負荷を上げる時期

筋トレをはじめて筋力が付いてくると、今までの筋トレメニューだと物足りなくなってきます。

バーベルやダンベルなどでしたら、徐々に重さにも慣れてきてあげる回数も増えてくるでしょう。

慣れてくると当然負荷を大きくしてあげる必要があるのですが、この負荷を上げる時期が微妙に難しいのです。

筋トレ上級者の方でしたら、何度も経験しているので大体の感覚で分かると思いますが、筋トレ初心者の方の場合はそう言うわけにはいきません。

そこで今回は、筋トレで負荷を上げる時期について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

筋トレで負荷を上げるタイミング

筋トレをはじめると分かると思いますが、負荷を上げるタイミングは人それぞれ異なります。

なぜなら、行っているトレーニング方法も違いますし、レップ数やセット数も違うからです。

つまり、負荷を上げるタイミングはばらばらと言う事で、特に決まりはないと言う事になります。

しかし、筋トレ初心者の方の場合は何かの目印が無いとなかなか負荷を上げるのは難しいと思います。

ですから、私は筋トレをはじめたときは以下のようにして筋肉への負荷を大きくしていきました。

はじめは10レップ3セットぐらいではじめます。

そして慣れてくると、15レップ3セットや20レップ3セットが楽勝になってきます。

このタイミングが負荷を上げるタイミングだと思っています。

例えばダンベル5kgからスタートしたのであれば、次は7.5kg、そして10kgと言う風に少しずつ負荷を上げていきます。

急激に負荷を上げてしまうと筋肉を傷めてしまったり、怪我をしてしまう可能性があるので十分注意するようにしてください。

その他だと、レップ数を少なくしてガンガン負荷を増やしていく人も居ます。

僕の友人は、レップ数1回とかでとんでもない負荷をかけたりしています。

僕は恐ろしくてできませんが・・・

ですから、負荷の上げ方や上げるタイミングは本当に人それぞれ異なるので、自分で今が上げどきかな?と思いはじめたら恐れずにどんどんチャレンジするようにしましょう。

初心者の方はくれぐれも徐々に負荷を増やしていく事をおすすめします。

早くカッコいい筋肉が欲しいという思いで急激に負荷を上げても筋肉を傷めてしまうだけなのでご注意ください。

負荷を上げる際に注意すること

筋肉への負荷を上げる際に注意してほしいことは、「急激に負荷を上げない」と言う事です。

筋トレは焦ってするものではありません。

スポーツジムなどに通うと筋トレ上級者の人たちが、ものすごい負荷のバーベルなどを上げているのを見かけますが、焦らずゆっく近づけていきましょう。

焦って急激に負荷を上げると怪我の元です。

決して上級者の真似はしないようにしましょう。

スポーツジムに通っている人であれば、トレーナーについてもらい様子を見ながら負荷を増やすようにしてください。

特に筋トレ初心者の方の場合は、重さに気が行き過ぎて筋トレになりません。

誰でも初めからクッソ重たいバーベルなんて持てません。

あの上級者の人だって初めはガリガリのキャシャ男だったのです。

ですから、焦りは禁物です!焦らずゆっくりと筋肉を鍛えていきましょう。

筋トレにおける負荷の上げ方は人それぞれです。焦らず自分のペースで負荷を上げて鍛えていきましょう。無理をして怪我でもしてしまったら、療養中にまた筋力は衰えていきます。そうならない為にも、ゆっくり焦らずに筋トレを楽しみましょう。筋肉への負荷を上げる事も重要ですが、それよりも筋肉への栄養を重要視しましょう。プロテインなどのサプリメントなども効果的に筋肉を作り上げてくれるので、初心者の人ほど活用した方が良いでしょう。

>>筋トレ初心者におすすめのHMBサプリメントの口コミ

いつもご購読ありがとうございます!

吉本のゴールドジム筋肉芸人愛用の筋トレサプリ

muscle-elements-hmb300
あの吉本の「ゴールドジム筋肉芸人」たちが愛用している筋トレサプリはコレ!マッスルエレメンツHMBをプロテインと併用して飲んでいることをSNSで暴露したことをきっかけに人気大爆発!筋トレの効果を実感していない人におすすめのサプリメントになります。