筋トレ後の筋肉痛を軽減させてくれる筋肉ケアの為に摂取したい栄養素とは?

筋トレをすると筋肉痛になります。

あたりまえの事ですが、筋肉痛って本当に痛いし次の日の仕事に差し支えてしまいますよね?

ですから、なるべく筋肉痛を軽減したいと思いませんか?

私も筋トレをはじめたばかりの頃は、毎日筋肉痛の痛みに耐えながら通勤していましたが、ある日ふと思ったのです。

「何か筋肉痛を和らげる方法はないのか・・・?」

そして、筋肉のケアや筋肉痛を軽減する方法をいろいろ調べてみたのです。

筋肉痛を軽減する為には、筋トレの後にある成分を摂取することが重要になります。

今回は筋トレ初心者の方の筋肉痛を少しでも和らげるために、筋肉痛を軽減してくれる栄養素について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

筋トレの後には抗酸化物質を摂取して筋肉痛を軽減させよう!

抗酸化物質と言うと、「アンチエイジング」の為や「酸化ストレス」から体を守る為に摂取している人も多いと思いますが、実は抗酸化物質を摂取することで筋肉痛を軽減させることができるのです。

抗酸化物質と言うと以下のようなものになります。

  • フィトケミカル(植物性食品に含まれる物質)
    1. カロテノイド(βカロテン・ルテイン・アスタキサンチン・リコピン)
    2. ポリフェノール(アントシアニン・ケルセチン・ルチン・カテキン・イソフラボン(フラボノイド)等)
  • ビタミン(ビタミンA・ビタミンE・ビタミンC)
  • CoQ10
  • αリポ酸

そして、抗酸化作用のある食品は以下になります。

  • アントシアニン(ブルーベリー・カシス)
  • ケルセチン(そば)
  • ルチン(そば)
  • カテキン(お茶)
  • イソフラボン(大豆)
  • カルコン(明日葉)
  • クロロゲン酸(コーヒー豆)
  • ロズマリン酸(シソ)
  • ゴマリグナン(ゴマ)
  • クルクミン(ウコン)
  • タンニン(お茶)
  • スルフォラファン(ブロッコリー)
  • βカロチン(緑黄色野菜)
  • リコピン(トマト)
  • カプサイシン(唐辛子)
  • アスタキサンチン(鮭・イクラ)
  • ルテイン(ケール・ほうれん草)
  • フコイダン(海藻)
  • βグルカン(キノコ)
  • ペクチン(リンゴ)
  • テアフラビン(紅茶)

基本的に抗酸化物質の多くは、毎日の食事で摂取することができます。

つまり、バランスの良い食生活さえしているだけで筋肉痛はかなり軽減されると言う事なのです。

偏った食生活でファストフードや外食ばかりの場合は、抗酸化物質を効率よく摂取することができないので、いつまでたっても筋肉痛から解放されないのです。

また、抗酸化物質は人間のあらゆる病気の原因となる体内で発生する「活性酸素」から体を守ってくれるのです。

体内で生成される活性酸素は以下のような病気の原因となります。

  • 糖尿病
  • 高血圧症
  • 動脈硬化
  • リウマチ
  • 花粉症
  • メタボリックシンドローム

活性酸をはこれらの病気の引き金となってしまうのです。

しかし、抗酸化物質を摂取しておけば、このような危険から体を守ってくれるのです。

ちなみにですが、生きていく為に私たちは呼吸をしていますが、呼吸をする時に吸い込む酸素のうち「約2%」が活性酸素になっているのです。

つまり、人間は体内での活性酸素の生成をなくすのは不可能と言う事になるのです。

不可能と言う事は、少しでも多くバランスの良い食生活を送って、抗酸化物質を取り入れないといけないと言う事になるのです。

特に筋トレなどの激しい運動をする時は、呼吸が激しくなり呼吸の回数も増えるので、その分体内でも活性酸素が生成されていると言う事になるのです。

しかも、筋トレ上級者になればなるほど負荷の高い筋トレをする事になるので、呼吸の回数も多くなると思います。

ですから、筋トレをしている人は、筋トレをしていない人と比較しても、体内の活性酸素の量が多いと言う事になるので、積極的に抗酸化物質を摂取した方が良いのです。

抗酸化物質は筋トレ後の筋肉の炎症を抑制する働きがある

抗酸化物質は体内で生成される活性酸素の外から体を守ってくれる働きがあるのですが、実はそれ以外にも「筋トレ後の筋肉の炎症を抑制する効果」もある事が分かっております。

つまり、抗酸化物質を摂取することで、筋肉痛が軽減されると言う事です。

また、筋トレ中も筋肉がつかれにくくなりますし、筋肉の疲労回復も早くなります。

それから、抗酸化物資は筋トレ後に摂取することはもちろん良い事なのですが、できる事なら筋トレの後と決めつけずに健康の為にも普段から積極的に摂取するように心がけるようにしましょう。

おすすめの抗酸化物質は水素

水素には私たち人間の健康を保つ上で、とても重要な働きがある事が最近のさまざまな研究で分かってきました。

特に、水素原子に電子を1個付加してできる「マイナス水素イオン」は、老化や生活習慣病の原因とされる「活性酸素」を中和し、体外に排出する「抗酸化作用」があるとして注目されています。

例えば水素水や水素サプリなどの水素関連商品が騒がれているのは、抗酸化作用が高いからなのです。

水素は宇宙で最も小さく、最も多く存在する原子なのです。

ですから、人間の細胞の中にも簡単に入る事ができるのです。

人間の体の中でも活性酸素が多く発生しているのが、細胞内のミトコンドリアになります。

人間の細胞内部に侵入できる抗酸化物質は今のところ水素だけになります。

水素以外の抗酸化物質は原子が大きいのでミトコンドリアまでたどり着く事ができないのです。

そういう意味では、抗酸化物質の中でも水素は最強と言う事になります。

筋トレや激しい運動をしている人で、毎日の食事で抗酸化物質をバランスよく摂取することができない人は、水素水や水素サプリの力を借りて体内の活性酸を排泄するようにしましょう。

水素水たっぷりのおいしい水で筋肉痛を軽減

suisosui-otameshi300
筋トレ初心者の方で筋肉痛が酷いと言う方は水素水を是非お試しください。水素水を筋トレの後に飲むだけで、次の日の筋肉痛はかなり軽減されます。水素の力は上記でも説明した通り、最強の抗酸化物質と言えますので、筋肉痛が軽減する事は間違いないでしょう。しかも今なら「300ml×7本の水素水が無料で貰える」ので、この機会にぜひお試しください。

>>メロディアンの水素水たっぷりのおいしい水の詳細を見てみる

ナチュラ水素で手軽に抗酸化物質を摂取する


水素水よりも確実に水素を体内に取り入れる事ができるのが水素サプリになります。水素水の場合は一度封を空けてしまうと、時間と共に水素が抜けてしまいます。しかし、サプリメントでしたら体内に摂り込んでから水素を発生させますので、水素が抜けてしまう心配がないのです。水素水を飲んでみて、筋肉痛の軽減がいまいちのようでしたら、水素サプリを一度お試しください。

>>ナチュラ水素の詳細を見てみる

以上のように筋肉痛を軽減させてくれる栄養素が「抗酸化物質」と言う事が分かりましたので、今日からでも積極的に抗酸化物質を取り入れてみてください。もちろん食事等からバランスよく摂取しても良いのですが、毎日の食事メニューを管理するのが面倒と言う場合は、水素水や水素サプリメントで抗酸化物質を効率良く摂取するのも良いでしょう。いずれにしても、抗酸化物質は筋肉痛の軽減の為にも、健康の為にも摂取した方が良い成分になりますので、意識して摂るようにしましょう。

いつもご購読ありがとうございます!

吉本のゴールドジム筋肉芸人愛用の筋トレサプリ

muscle-elements-hmb300
あの吉本の「ゴールドジム筋肉芸人」たちが愛用している筋トレサプリはコレ!マッスルエレメンツHMBをプロテインと併用して飲んでいることをSNSで暴露したことをきっかけに人気大爆発!筋トレの効果を実感していない人におすすめのサプリメントになります。