細マッチョを目指すならHMBが効果的

筋トレをする目的は人それぞれ違います。

「ゴリゴリの筋肉をつけてボディビルダーになる!」

「ダイエット目的で体を引き締めたい!」

「細マッチョになって女の子にモテたい!」

等々、筋トレをはじめる目的はさまざまですが、どうせ筋トレをはじめるなら継続しなければなりません。

筋トレは継続してこそ結果が後からついてくるのです。

特に筋肉がほとんどない状態から細マッチョを目指すと言う事でしたら、なおさら人一倍の筋トレをして継続させないと意味がないのです。

しかし、筋トレを継続させるにも体系の変化を感じる事ができなければ、なかなか継続させることが難しくなるのです。

なぜなら、毎日厳しい筋トレをしているにも関わらず、目に見えて分かるほどの変化がないと「所詮こんなものか・・・」と言う気持ちになってやめてしまうからです。

ですが、その気持ちも分からなくもないのですが、筋肉を効率よくつけるには、筋肉に良い栄養素を摂取しないといけないのです。

筋トレは確かに重要ですが、筋トレばかりしていてもカッコいい筋肉はつきません。

筋肉を成長を促して増強させるためには、しっかりと栄養を摂ることと、しっかりと筋肉を休めてあげる必要があるのです。

その2つの効果を得る事ができるのが「HMB」と言う成分になるのです。

私も初めは筋トレばかりしていて「なぜ筋肉が付かないんだ?」とよく悩んだものです。

その答えは「栄養不足」だったのです。

筋力は確実に上がるのですが、ゴリゴリに割れた腹筋や、ムキムキの腕は手に入りませんでしたし、何より細マッチョのように引き締まった体系ではなかったのです。

しかし、栄養不足が原因だと気づいてからは、食事管理をするようになり、プロテインやサプリメントで筋肉に良い栄養素を摂りいれたことで、見る見るうちに彫刻で掘ったような体型に変化していったのです。

そこで、今回は筋トレをしているのに理想の細マッチョに慣れないと悩んでいる方の為にどうすれば憧れの細マッチョになれるのかについて書いていきたいと思います。

細マッチョになるコツはコレだ!筋トレだけが重要ではない!

2016.12.07

スポンサーリンク

効率よく筋肉をつけて細マッチョになるにはHMBを摂取しましょう

効率よく筋肉をつけて細マッチョになるには「HMB」を摂取すると良いでしょう。

では、HMBとはいったい何なのでしょうか?

HMBとは必須アミノ酸の一つであるロイシンを摂取することによって、体内で代謝される成分のことです。

筋肉の分解を抑制して、筋肉の合成を促進する働きがあるので、効率よく筋肉を成長させることが可能となるのです。

そもそも筋肉は筋トレをする事で一度分解されます。

そして、筋肉を休めてあげる事で合成して成長していくのです。

この時に筋トレ中の筋肉の分解を抑えることで、より効率よく筋肉を増強させることができるのです。

これがHMBを摂取した方が良い理由なのです。

HMBは1996年に発見されて、日本国内では2009年より健康食品等への使用が認められたのです。

ですから、日本ではまだまだ認知度が低いので、筋トレと言えばプロテインと言う固定観念が強すぎるのです。

1日に必要なHMBの量は、「3g」と言われています。

そして、このHMBを3g摂取しようとすると、プロテインだと約20杯も飲まないといけない計算になるのです。

しかしHMB配合のビルドマッスルHMBでしたら、1日4粒飲むだけでHMBを摂取することが可能なのです。

もう一つ例を挙げますと、HMBは必須アミノ酸であるロイシンから摂取されます。

このロイシンからHMBが代謝されるのは、たった「5%」だけなのです。

つまり、3gのHMBを摂取するにはロイシン60gを摂取しなければならないのです。

ロイシンを食事で摂取する場合は、ロイシンが最も多く含まれていると言われている「鶏むね肉」がおすすめですが、100gの鶏むね肉に含まれているロイシンの量は「1.9g」しかないのです。

つまり、ロイシンを1日60g摂取するには3.1kg程の鶏むね肉を毎日食べないといけなくなってしまうのです。

現実的に無理ですよね?

だからこそ、HMBの摂取はサプリメントで摂取した方が良いのです。

HMBを摂取するとどのような効果があるのか

HMBを摂取すると、筋肉中のタンパク質の分解を抑制してくれるので、筋肉量を減らすことなく効率よく筋肉増強できるのです。

筋肉の成長は分解と合成を繰り返し行い徐々に大きくなっていくのです。

つまり、1日の間に筋肉の合成が分解よりも上回れば筋肉量が増えて大きくなるのです。

逆に筋肉の分解される量の方が多くなれば筋肉量は減ってしまいます。

筋肉をつける場合は、しっかりと筋トレをして、筋トレ後にたっぷりのタンパク質をプロテインで摂って筋肉量を増やそうと考えている人も多いのですが、最も筋肉を効率よく増やすには、筋トレ中の筋肉の分解を防ぎ、筋肉量を減らさないようにする事も大事なのです。

この筋肉の分解を防いでくれるのがHMBの役割なのです。

特にハードな筋トレをする時は、筋トレ前にHMBを摂取しておくことで、筋肉の分解が抑えられ、さらに筋肉の疲労回復効果も高く筋肉痛などの回復が早くなるのです。

筋肉の疲労回復が通常よりも早くなると言う事は、筋トレの頻度を上げることができるので、より早く筋肉が付きますし、オーバートレーニングで故障を心配する必要もなくなるのです。

HMBの効果・効能

HMBを摂取することによって以下のような効果を得る事ができます。

  • 筋肉増強
  • 筋力アップ
  • 筋トレ中の筋肉の分解を抑制
  • 筋トレ中の筋組織へのダメージの軽減
  • 筋疲労の回復
  • 基礎代謝アップ

HMBを摂取すると上記のような効果を得る事ができます。

HMBを摂取して筋トレをすると、筋量アップがアップして筋肉が付く事で、基礎代謝がアップして脂肪燃焼効果が高くなり痩せ体質へと変化します。

基礎代謝が上がると何もしなくても脂肪燃焼させるようになりますので、より細マッチョに近づけるようになるのです。

つまり、細マッチョに早くなりたいと言う方は、筋トレも大事ですが、HMBの摂取が鍵を握っていると言う事なのです。

プロテインも効率よく筋肉をつける事ができるのでおすすめですが、細マッチョを目指すなら、HMBサプリと食事管理をしていれば問題ないでしょう。

おすすめのHMBサプリメント

上記でも言いましたがHMBを日々の食事で摂取するとなると、とんでもない量の鶏むね肉を食べなければなりません。

鶏むね肉に限った話ではないのですが、最もロイシンを豊富に含んでいる食材が鶏むね肉だったので、それに例えただけです。

ですから、現実的に考えると、やはりHMBサプリメントで摂取した方が効率が良いのです。

とは言っても、HMBサプリメントは日本ではまだまだ歴史が浅いのも事実です。

先にも言いましたが、HMBは日本国内では2009年より健康食品等への使用が認められたので、HMBサプリ自体がそれほど種類が豊富ではありません。

しかし、海外製品のHMBサプリメントを買うのも少し気が引けてしまいますよね・・・

HMBサプリメントを買うならやっぱり日本製のものがいいですよね。

それに、海外製のHMBサプリメントは、粉末状のものが多く、プロテインのよう見ずに溶かして飲まないといけないので少し面倒なのです。

しかし、私が愛用している「ビルドマッスルHMB」ならタブレットなので水に溶かしたりする必要がなくそのまま飲めるのです。

HMBを手軽に摂取するなら日本人向けに開発されたビルドマッスルHMBがおすすめです。

build-muscle300_250

>>ビルドマッスルHMBについて詳しく見る

>>ビルドマッスルHMBの口コミ!成分や効果がないと言われる理由と副作用について

いつもご購読ありがとうございます!

吉本のゴールドジム筋肉芸人愛用の筋トレサプリ

muscle-elements-hmb300
あの吉本の「ゴールドジム筋肉芸人」たちが愛用している筋トレサプリはコレ!マッスルエレメンツHMBをプロテインと併用して飲んでいることをSNSで暴露したことをきっかけに人気大爆発!筋トレの効果を実感していない人におすすめのサプリメントになります。