三角筋の前部を鍛える筋トレ「ダンベルフロントレイズ」で肩の筋肉を鍛えあげろ!

前回の記事では肩の筋肉「三角筋」の中部を鍛えるダンベルサイドレイズをご紹介しましたが、今回は三角筋の全部を鍛える筋トレのご紹介になります。

肩の筋肉でも三角筋の前部を鍛える事ができる種目が「ダンベルフロントレイズ」になります。

肩の筋トレは、部位ごとに3つに分かれているので、鍛えるのが少し面倒なのですが、しっかりと鍛え上げる事でボリュームが増しカッコいい体に仕上がります。

肩の筋トレでも、中部と後部はしっかりと鍛えているのに、前部だけ忘れていると言う人も稀に見かけます。

せっかく中部と後部を鍛えているのに前部を鍛えないのは正直もったいなすぎます・・・

そこで、今回は三角筋の前部を鍛えてカッコいい肩を手に入れていただく為に、ダンベルフロントレイズをご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

三角筋の前部を鍛えるダンベルフロントレイズとは

レイズ系の種目の一つであるダンベルフロントレイズとは、肩の三角筋の中でも前部を鍛える種目になります。

前回記事でご紹介したダンベルサイドレイズは三角筋の中部を鍛えるレイズ系の種目になります。

参考:三角筋の中部を鍛える筋トレ「ダンベルサイドレイズ」で肩の筋肉を鍛えあげろ!

そして、もう一つが「ダンベルリアレイズ」と言って、三角筋の後部の筋肉を鍛える種目があります。

ダンベルリアレイズに関しましては、次回ご紹介したいと思います。

サイドレイズやリアレイズは筋トレ種目の中でも割とポピュラーなのでそこそこ筋トレメニューに取り入れている人も多いと思いますが、フロントレイズに関しましては意外と取り入れていない人が多い種目なのです。

フロントレイズと言う種目事態を知らないと言う人が多く、やったことがないと言う人がたくさんいます。

では、なぜ三角筋前部を鍛えるフロントレイズを知らない人が多いのでしょうか?

それは、ベンチプレスで同時に三角筋前部をある程度鍛える事ができているからです。

ベンチプレスをした後に、大胸筋と共に三角筋の前部が筋肉痛になるのはそのためです。

では、ベンチプレスをしていればフロントレイズをやらなくてもいいのかと言いますとそうではありません。

当然、ベンチプレスに加えてフロントレイズを行った方がいいに決まっているのです。

ベンチプレスで三角筋前部が刺激されていると言っても、フロントレイズよりは負荷がかかっていない状態ですので、しっかりとボリュームのある肩には仕上がらないのです。

ですから、サイドレイズやリアレイズを筋トレメニューに取り入れているのであれば、これからは是非フロントレイズも取り入れるようにしてください。

そうすることで、よりカッコいい男らしい肩が手に入りますよ!

ダンベルフロントレイズのやり方

ダンベルフロントレイズは、名前の通ダンベルを使用して行います。

  1. ダンベルを両手に持ち足は肩幅程度に広げて立ちます。
  2. 左右交互にダンベルを正面に肩の高さぐらいまで上げます
  3. そのまま元の位置に戻す

①~③を繰り返し行います。

ダンベルフロントレイズを行う時は、若干前傾姿勢になっても良いのですが、腰を痛めてしまう減員になりますので、そのまま直立で良いと思います。

また、逆に無理に重量を重たくし過ぎると、ダンベルを持ち上げる時に後ろに体を反らしてしまう人が居ますが、これも腰痛を@引き起こしてしまう可能性がありますので、重量はほどほどにしておきましょう。

ダンベルフロントレイズの注意点

ダンベルフロントレイズを行う時は、肩幅ぐらいに足を広げてまっすぐ立ってください。

先ほども言いましたが前傾姿勢で行うと、腰を痛める可能性が高いのでおすすめではありません。

それから、ダンベルを持つときは手の甲が外側を向くように持ってください。

そして、まっすぐ前に上げて肩の高さぐらいで止めるのですが、ダンベルを上げて行く時に親指が上向きにならないように注意してください。

それから、元の位置に戻していくのですが、この時に最後まで下ろしきらないようにしてください。

最後まで下ろしきってしまうと、三角筋への負荷が逃げてしまうので効果が半減してしまいます。

しっかりと三角筋に負荷をかけた状態でフロントレイズを行うようにしてください。

フロントレイズは三角筋の前部を鍛える筋トレで、今回はダンベルを使用したダンベルフロントレイズをご紹介しましたが、バーベルを使用して行う事もできます。

ジムなどに通っていてバーベルを利用できる環境にある場合は、バーベルで行っても良いと思います。

どちらかやりやすい方法で三角筋の前部を鍛え上げましょう。

また、わざわざ立って行わなくても座った状態でもできる種目になります。

自分のやりやすいやり方で三角筋を刺激しましょう。

三角筋前部はベンチプレスを行っている時でも負荷がかかっている部位になります。その為、三角筋を痛めてしまうとベンチプレスも同時にできなくなってしまうので、ダンベルフロントレイズを行う時は、無理な重量で行わないようにしましょう。初めは鏡の前で自分のフォームを見ながら正しいフォームを見につけるようにしてください。

いつもご購読ありがとうございます!

吉本のゴールドジム筋肉芸人愛用の筋トレサプリ

muscle-elements-hmb300
あの吉本の「ゴールドジム筋肉芸人」たちが愛用している筋トレサプリはコレ!マッスルエレメンツHMBをプロテインと併用して飲んでいることをSNSで暴露したことをきっかけに人気大爆発!筋トレの効果を実感していない人におすすめのサプリメントになります。