筋トレ初心者の方は記録をつけよう

筋トレ初心者の方は、自分がどれだけの重量を上げれたか、どれぐらいの負荷で何レップ何セットできたかなどの記録を付けるようにしましょう。

実際私が記録を付け始めたのは、筋トレをはじめてから1年後ぐらいになるのですが、初めから記録を付けておくことをおすすめします。

記録を付け始めてからは前回の記録を意識するようになりますので、効率よく筋トレを行う事ができるようになります。

また、記録を付けることでモチベーションアップにもなりますので、筋トレをはじめたと同時に記録を付けるようにしましょう。

スポンサーリンク

筋トレの記録でモチベーションアップ

筋トレは記録を付けることでモチベーションもアップしますし、重量もどんどんアップしていきます。

少し前に記録を付けて行うレコーディングダイエットと言うものが流行りましたが、それと同じような感じで筋トレも記録を付けることで効率よく筋肉を増やす事ができます。

レコーディングダイエットの場合は、毎回の食事の内容やカロリーを記録する事でカロリーオーバーを防いだり、食生活の改善を計る事ができて痩せれると言うものです。

筋トレの場合は、レップ数やセット数、重量等を記録する事で、より筋肉への負荷を上げていき効率よく筋肉をつける事ができると言うものです。

ダイエットにしても筋トレにしても記録を付けることで効果の表れ方が明確になるのでやっていても楽しくなりますし、自信がついてくるのです。

毎日の筋トレを記録する事で自分の成長が見れるので、やりがいもアップします。

同時に食事管理などもしっかりと記録をする事で、より筋肉に良い食生活を送る事ができるのでおすすめです。

記録を付けることで「意識するようになる」と言う事と「忘れない」と言う2つのメリットがあります。

絶対に忘れないと言っても、必ず忘れてしまうのが人間です。

特にレップ数やセット数、重量となるとほとんどの方が覚えていないでしょう。

筋トレ内容ぐらいは覚える事は簡単ですが、筋トレの詳細を完全に覚える事は難しいと思います。

ですから、しっかりとノートに筋トレの内容を記録するようにしましょう。

筋トレの記録は面倒

筋トレ上級者の方で記録を付けている人は半数ぐらいだと思います。

なぜなら「面倒」だからです。

筋トレのやる量にもよりますが全メニューの記録を付けるのは本当に面倒です。

私はマニュアル化してしまっているので記録を付ける行為が当たり前となっていますが、初めの頃は本当に面倒でした。

しかし、筋トレの記録を付けるようになってからは前回までの記録を意識するようになり、効率よく筋トレを行う事ができるようになりました。

私の場合は「筋トレノート」を作ってそこにすべての記録を付けています。

筋トレをした日、筋トレをした箇所、レップ数、セット数、重量を細かくノートに書いていきます。

その時は簡単にメモしておいて後からパソコンでまとめるのも良いと思います。

ノートを作って最後のページに目標を書いておけば、徐々にその目標に近づいて行っているのを見るのも楽しいです。

最近はiPhoneアプリなどでもトレーニングの記録を付けたりできるものもあるみたいなのでそういうのを活用しても良いと思います。

筋トレは記録を付けることで意識するようになるので効率よく筋力をアップさせることができます。実際私も記録を付け始めたのは筋トレをはじめてからかなり後になるのですが、途中からでも記録を付けて本当に良かったと思っています。記録を付けないで筋トレをしても何の問題もないのですが、早く成長したいなら簡単でもいいので自分で分かるように記録を付けておいた方が良いでしょう。

いつもご購読ありがとうございます!

吉本のゴールドジム筋肉芸人愛用の筋トレサプリ

muscle-elements-hmb300
あの吉本の「ゴールドジム筋肉芸人」たちが愛用している筋トレサプリはコレ!マッスルエレメンツHMBをプロテインと併用して飲んでいることをSNSで暴露したことをきっかけに人気大爆発!筋トレの効果を実感していない人におすすめのサプリメントになります。