ストレスで太る原因について!なぜ太るのか?

ストレスは肥満の原因になる事をご存知でしょうか?

年齢の問題もありますが、どれだけダイエットをしても、長続きせずに目標達成までに元通りになるか、もしくはそれ以上に太ってしまう人も居ます。

もちろんダイエットに成功して目標達成する人も中にはいますが、どれだけストイックになれるかが肝となります。

ダイエットに失敗してしまう原因の一つに「ストレス」があります。

では、なぜストレスが原因で太ってしまうのか解説していきますので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ストレスで太る原因

特に40歳を過ぎたあたりから太りやすくなってしまいます。

「若い頃と同じぐらい、もしくはそれ以下の量しか食べていないのになぜ太るの?」

と思われている方も多いのではないでしょうか?

これは30歳を過ぎてくると誰もが経験することになると思います。

ほとんどの方がこの現象に気づくときは、大体会社の健康診断の時です。

健康診断で「メタボ」と診断されてショックを受けるのです。

そして、ダイエットを決意する事になると思います。

しかし、ダイエットと言っても何をすればよいのか分からない・・・

とりあえず食事制限でもするか!

と言う感じになると思います。

しかし、このような方法のダイエットは長続きしませんし、健康的にも悪いのでおすすめではないのです。

ダイエットの基本は、「摂取カロリー<消費カロリー」です。

つまり、1日3食で得る摂取カロリーよりも、1日に使う消費カロリーが多ければ痩せれると言う事です。

これさえ守っていれば、普通に食事を摂ってもある程度は痩せる事ができます。

しかし、毎日カロリー計算をしながら食事管理をする必要があります。

しかも、1週間やそこらでは痩せる事ができません・・・

大体早い人でも3ヶ月、遅い人だと4~6ヶ月もの期間が必要になってきます。

この間ストイックになって継続する事ができるのであれば痩せる事ができます。

しかし、そう甘くないのがダイエットなのです。

なぜなら、ストレス社会と言われている現代で生活していくには、ストレスと隣り合わせで生きていかなければならないからです・・・

「会社でのストレス」

「家庭でのストレス」

と、ストレスが溜まるシーンはいろいろとあります。

このストレスこそが、ダイエットの邪魔をしてしまう事になるのです。

なぜなら、ストレスを感じてしまって暴飲暴食をしてしまう方が多いからです。

なぜこのような行動に移ってしまうのかと言いますと、人間の脳がそうさせているからなのです。

人間の脳はストレスに侵されていくと目の前の快楽に飛びついてしまうように指示を出してしまうのです。

マウスに例えると、マウスにストレスを与えてみると、避難行動の一つとして食欲を増大させるのです。

つまり、脳は「報酬系」を活性化させると言う事です。

そして、欲求が満たされたときや欲求が満たされると分かっているときは、脳の報酬系が活性化される仕組みになっているのです。

この報酬系が活性化すると「快」を得る事ができて、ストレスを発散する事ができるのです。

今の世の中でストレスフリーで生きていける人なんて居るのでしょうか?

誰もが何かしらのストレスを感じながら生活しています。

もし仮にストレスを感じる事なく生きている人が居るとしても、ほんの一握りの人だと思います。

つまり、我々は毎日プレッシャーを感じながら生活をしていると言う事なのです。

そのプレッシャーから逃れる為に脳はストレスを快に変えるように指示を出してくるのです。

その指示が「食」だとすると、暴飲暴食をしてしまう事になるのです。

ですから、頑張って食事管理をしてカロリー制限していても、たった1回の暴飲暴食ですべてが無駄になってしまうのです。

これを繰り返す事によって「ストレス太り」となってしまうのです。

これが、ストレスで太る原因なのです。

ではストレス太りを阻止するにはどうすれば良いの?

ストレス太りを阻止する方法は、たった一つしかありません。

それは、「ストレスを溜め込まない」ことです。

それが無理なんだよね・・・

と聞こえてきそうですが、筋トレやジョギングなどの運動をする事でストレス発散をすれば、暴飲暴食を防ぐ事ができます。

別に筋トレやジョギングではなく、趣味などでストレスを発散すればよいのですが、どうせなら老化防止の為にも筋トレやジョギングなどをするとストレス発散にもなりますし、引き締まった若々しい健康な体も手に入ります。

そもそも年齢を重ねるごとに太りやすくなってしまう減員は、老化現象の一つで「代謝が悪くなっているから」なのです。

代謝が悪くなる原因は「筋力の衰え」です。

ですから、筋トレをする事で自然と代謝がアップしますので、昔のように痩せ体質になるのです。

学生の頃ってどれだけ食べてもなかなか太りませんでしたよね?

それは、部活などでしっかりと運動をしていた筋力が付いていて代謝が良かったからなのです。

ですから、筋トレをして代謝をアップさせれば昔のように食べても太りにくい体ができあがるのです。

ストレス太りを防ぐには、筋トレやジョギングなどの運動でストレス発散をすることです。

すると、暴飲暴食をする事もなくなりますし、少しづつカッコいい細マッチョのような体型になってくるので、自然とカロリーオーバーを気にするようにもなりますので、食事管理も苦じゃなくなるのです。

>>飲むだけでお腹の脂肪が減少する機能性表示食品のシボヘールの口コミはこちら

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!

吉本のゴールドジム筋肉芸人愛用の筋トレサプリ

muscle-elements-hmb300
あの吉本の「ゴールドジム筋肉芸人」たちが愛用している筋トレサプリはコレ!マッスルエレメンツHMBをプロテインと併用して飲んでいることをSNSで暴露したことをきっかけに人気大爆発!筋トレの効果を実感していない人におすすめのサプリメントになります。