褐色脂肪細胞を活性化させる共役リノール酸とEPAとDHAについて

褐色脂肪細胞は、脂肪細胞なのですが脂肪をエネルギーとして熱を作り出す働きがあります。

この褐色脂肪細胞がエネルギーとして熱を作り出す事によって、脂肪燃焼効果が高まるのですが、年齢とともに減少してしまうのです。

つまり、生まれたときから歳を重ねるごとに褐色脂肪細胞の領解減少していくと言う事です。

スポンサーリンク

褐色脂肪細胞は年齢を重ねると減少してしまう

褐色脂肪細胞の量は、成人する頃には生まれたての赤ちゃんと比較すると、4割程度になっていると言われています。

しかも、少し前までは褐色脂肪細胞は増やす事ができないと言われていたのです。

しかし、京都大学のある研究グループが行った研究では、「EPA」とい「DHA」を摂取することで褐色脂肪細胞が増えると言う事が明らかとなったのです。

これが事実であれば、高齢者の方でも効率よく体脂肪を落とす事ができ、肥満が原因となっているさまざまな病気から逃れる事ができるようになるのです。

また、ダイエットにも効果的なので、細マッチョを目指している方や、ただ痩せたいと言う方にも非常にありがたい話ですね!

褐色脂肪細胞を増やして、その働きを活性化させる事ができれば、脂肪燃焼が効率良くなり体脂肪を減らす近道となる事でしょう。

褐色脂肪細胞を活性化させる働きがある成分について

褐色脂肪細胞は以下の成分を摂取することで活性化されて、脂肪燃焼効果を高めてくれます。ですから、ダイエットをしている方や細マッチョを目指している方は積極的に摂取するようにしましょう。

共役リノール酸

共役リノール酸とは、「不飽和脂肪酸の一種」で、1980年にリノール酸の異性体として発見されました。

ダイエット効果があると言う事実は2004年に発表され、その脂肪燃焼効果の高さに世界中が注目した成分安良です。

共役リノール酸については、現在でも研究が続けられていて、比較的新しい成分になります。

この共役リノール酸の働きとしましては、「細胞の中に脂肪を摂りこむのを抑制する働き」があるのです。

中性脂肪が分解されてグリセロールと遊離脂肪酸となります。

この有利脂肪酸は数時間血液中を流れ、そこで運動をする事によってエネルギーとして使用されなければならないのです。

エネルギーとして使用されない場合は、白色脂肪細胞に摂りこまれてしまい再び中性脂肪に逆戻りしてしまうのです。

つまり、運動をしてエネルギー消費しないと、せっかく中性脂肪を分解して消費される状態にしても何の意味もないのです。

しかし、共役リノール酸は脂肪細胞を摂りこむのを抑える働きがあるので、脂肪を蓄積しにくい体に変化させてくれるのです。

共役リノール酸は以上のような働きがあるので、ダイエットにも効果的な成分ですし細マッチョを目指すなら欠かす事の出来ない成分なのです。

褐色脂肪細胞を増やしてくれる成分について

褐色脂肪細胞を増やしてくれる成分が、上記でも述べましたが「EPA」「DHA」になります。

EPAは1960年代にその働きが発見されて以来、血液の性状を健康に保ち「血栓」ができにくくしたり、高血圧症を予防することで「心筋梗塞・脳梗塞・動脈硬化」を予防する働きがあると言われています。

DHAは1980年代の後半に脳や網膜などの神経系に豊富に含まれている栄養素であることが話題となり、「DHAを摂取すると頭が賢くなる」と言う事で有名になりました。

このEPAとDHAを摂取することで、褐色脂肪細胞が増えて脂肪燃焼効果を高めてくれるのです。

EPAについて

EPAは血液をサラサラにしてくれる成分で有名ですね。

EPAは青魚などに豊富に含まれる必須脂肪酸で、体内では合成することができない成分なのです。

EPAを摂取することによって、「血栓」をできにくくしたり、高血圧症を予防してくれるので「心筋梗塞・脳梗塞・動脈硬化」を予防する効果があるのです。

EPAは特に成人の方におすすめの成分で、血液や血管の健康維持に重要な成分です。

DHAについて

DHAは頭が賢くなる成分として話題になりましたね。

DHAもEPAと同様に青魚に豊富に含まれている成分になります。

DHAは脳内に侵入して神経細胞を活性化させて、記憶力や学習能力を向上させる働きがあります。

実は、このEPAとDHAは肥満の抑制効果があると言う事が世界中の研究結果から分かっているのです。

EPAとDHAまとめ

EPAとDHAは肥満抑制効果があると言う事が分かっていたのですが、少し前まではなぜ肥満の抑制効果があるのかと言う事実を具体的には分かっていなかったのです。

しかし、「京都大学の川田照雄 農学研究科教授・後藤剛 同准教授」達の研究グループがその事実を明らかにしたのです。

epa-dha-himan

京都大学の研究結果「魚油摂取は交感神経を介して、「脂肪燃焼細胞」を増やす-「魚油」の効果で体脂肪燃焼を促す新メカニズムを解明」より抜粋

この研究結果から分かっている事は、EPAとDHAを摂取することで、褐色様脂肪細胞(ベージュ細胞)を増加させることができると言う事です。

EPAとDHAを摂取することで、交感神経を活性化させてノルアドレナリンの分泌を増加させます。

これによって脂肪細胞の褐色化が起こり、褐色様脂肪細胞が増加し、エネルギー(体脂肪)の消費が促進されるのです。

この研究結果によって、今まで増える事のないと言われていた褐色脂肪細胞が、増えると言う事も明らかになりましたし、活性化すると言う事も明らかになりました。

要するに、体脂肪を効率よく減少させるには必要不可欠な成分と言う事です。

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!

吉本のゴールドジム筋肉芸人愛用の筋トレサプリ

muscle-elements-hmb300
あの吉本の「ゴールドジム筋肉芸人」たちが愛用している筋トレサプリはコレ!マッスルエレメンツHMBをプロテインと併用して飲んでいることをSNSで暴露したことをきっかけに人気大爆発!筋トレの効果を実感していない人におすすめのサプリメントになります。