体脂肪を落とすには体脂肪を知る事がポイント!細マッチョになる為にはまずは敵を知ろう!

誰もが憧れる「細マッチョ」になる為には、体脂肪を落とす事は必須条件となります。

どれだけ筋トレをしても体脂肪がたくさんついていると、細マッチョにはなれないでしょう。

クリスティアーノ・ロナウドのような筋肉で引き締まったカッコいい体を作るには、細マッチョの大敵である体脂肪を落とす事が重要になってきます。

つまり、体脂肪をコントロールできてこそ細マッチョに慣れると言うことなのです。

ドラゴンボールのスーパーサイヤ人みたいなものでしょうかwww

スポンサーリンク

体脂肪を効率よく落とすには体脂肪を知ろう

体脂肪を効率よく落とすにはまずは体脂肪を知ることです。

体脂肪と言うと、「中性脂肪・コレステロール・内臓脂肪・皮下脂肪」が頭に思いうかぶとおもいますが、まずは体脂肪のきちんとした種類から覚えていきましょう。

  • 脂肪酸
  • 中性脂肪
  • コレステロール
  • リン脂質

体脂肪は上記の4種類に分けられています。

そして脂肪全体の9割は中性脂肪と言われています。

では、その中性脂肪はどこに存在しているのでしょうか?

中性脂肪と一口に言っても「皮下脂肪」「内臓脂肪」とで分かれます。

中性脂肪は、脂肪酸とグリセロールが結合してできる物質で、脂肪酸は人間の体のエネルギーになります。

その脂肪酸がエネルギーの保存用として変化させたものが中性脂肪になのです。

そして、コレステロールとリン脂質は体を作る材料になります。

コレステロールと言えば悪いイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実はコレステロールは、細胞を包んでいる細胞膜の材料や、ホルモンの材料になる重要な成分なのです。

また、リン脂質も細胞膜を作る材料なのです。

リン脂質の中でも有名なのが「レシチン」です。

レシチンは約150年前に発見された歴史のある成分で、卵黄から発見されました。

レシチンは記憶力や学習能力を高めてくれる成分としても有名です。

また、遺伝子情報や肉体の再生活動を行っている細胞の細胞膜を構成しているのです。

脂質の一つなのですが、人間の体を動かす為のエネルギー源となる事はもちろん、それ以外の役割も担っています。

人間の体は約60兆個の細胞で構成されていますが、これらの細胞のほぼすべてにレシチンが含まれています。

リン脂質の中でもそれぐらい重要な成分がレシチンになります。

つまり、リン脂質が不足すると細胞は清澄な働きをしなくなると言う事です。

以上のように一口に体脂肪と言っても4種類もあります。

そして、それぞれに重要な働きをしています。

ただ単に中性脂肪やコレステロールそのもの自体が悪いのではなく、しっかりと働いてくれているのです。

一番問題なのは毎日の食生活で過剰に摂取してしまっている食事に問題があるのです。

要するに、体脂肪を効率よく落とすには生活習慣を見直すところからはじめないといけないと言う事なのです。

>>飲むだけでお腹の脂肪が減少する機能性表示食品のシボヘールの口コミはこちら

細マッチョになるコツはコレだ!筋トレだけが重要ではない!

2016.12.07

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!

吉本のゴールドジム筋肉芸人愛用の筋トレサプリ

muscle-elements-hmb300
あの吉本の「ゴールドジム筋肉芸人」たちが愛用している筋トレサプリはコレ!マッスルエレメンツHMBをプロテインと併用して飲んでいることをSNSで暴露したことをきっかけに人気大爆発!筋トレの効果を実感していない人におすすめのサプリメントになります。